撮影機器の紹介

2003年11月4日から2004年3月5日まで:富士フィルム FinePix A210
2004年3月8日より2005年2月18日まで:ニコン COOLPIX5700
2004年8月29日より:オリンパス E-100RS
2005年2月19日より2005年3月24日まで:キャノン PowerShot G3
2005年3月25日より2005年8月22日まで:ニコン COOLPIX8800
2005年7月24日より:ニコン COOLPIX5000
2006年7月30日より2007年11月4日まで:ニコン D70
2007年11月11日より:富士フィルム FinePix S1PRO
2008年3月2日より2008年6月15日まで:CANON PowerShot A540
2010年5月29日より:ニコン D300
2011年9月4日より:オリンパス E-510
2012年5月13日より:ソニー Cyber-shot DSC‐WX1


このホームページを立ち上げてから、富士フィルムのコンパクトデジカメ(FinePix A210)を使っていました。発色については満足していました。しかし、各種設定の変更ができないので、新しくニコン COOLPIX5700を購入しました。ニコンの1.5倍のテレコンバーター(TC-E15ED)を付ける時もありした。
2004年8月29日より:オリンパス E-100RSをサブ機として購入しました。
この機種は手ぶれ補正と連射機能に優れています。しかし、150万画素と、ニコンCOOLPIX5700の500万画素に比べて画素数で落ちるため、主に鳥を撮るのに使いました。オリンパスの1.7倍のテレコンバーター(B−300)を付けていました。
2005年2月19日より、キャノン PowerShot G3を購入しました。ニコンでほぼ一年撮影しましたが、今後同じ写真になりそうなので、今度はキャノンで撮ってみました。
2005年3月25日より、ニコン COOLPIX8800を購入しました。キャノンはきれいなのですが、空が茶色になってしまうことがあり気に入りませんでした。また400万画素で前の500万画素に劣り、解像度に若干の不満があり、ニコンの800万画素のCOOLPIX8800にしました。しかし、階調性に不満があり、
2005年7月24日よりニコン COOLPIX5000を購入しました。しかし、オリンパス E-100RSが故障してしまい、
2006年7月30日より:ニコン D70を購入しました。これでデジタル一眼の仲間入りです。
主に、ニコン COOLPIX5000で風景を撮り、D70で生物を撮る予定です。
2007年10月13日より:オリンパス E-100RS再開です。ホームページに限定するなら綺麗に撮れるのでまた購入しました。
2007年11月11日より:ニコンのレンズが使えてD70より写りが綺麗と言われている富士フィルム FinePix S1PROを購入しました。
2008年3月2日より:デジスコを始めました。デジタルカメラはCANON PowerShot A540。フィールドスコープはKOWA TSN-602です。一眼での超望遠レンズは高価な上重いので、この選択となりました。しかし、鳥を撮るには順光が望ましいのですが、液晶が見にくく、COOLPIX5000の方がピントをとりすかったかったので、COOLPIX5000を使用する事にしました。
2008年7月26日より:デジスコのフィールドスコープにKOWA TSN-663が追加です。
2009年4月4日より、ニコン AF Nikkor ED300mmF4Sで鳥を撮る予定です。これにケンコー テレプラス PRO300 1.4倍を用いると、420mmF5.6がAFで撮影可能となります。フィールドスコープはセットアップに時間がかかる上、フォーカスが合わせにくいので、売却しました。
2009年5月9日より:富士フィルム FinePix S2PROを購入しました。S1PROは1点フォーカスに比べ4点で、S1PROに比べ液晶が見やすいため。
2010年4月24日より:TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR LD DiUの追加です。明るいAPS-C専用のレンズ。
2010年5月29日より:ニコン D300を購入しました。CCDクリーニング機能がついているため、ホコリによる画質の悪化が少なくなる事を期待して。また、リバースアダプターを使うのに今まではマニュアルモードで条件を色々変えて撮影していたが、本機種は露出優先で撮れるので、条件を色々変えての撮影の必要は無くなる事を期待して。
2010年12月4日より:TAMRON SP AF28-75mmF2.8MACRO XR Diの追加です。ニコン AF Nikkor 35-70mm F2.8D でリバースアダプターを用いてマクロを撮る事が多いが、この方がより解像感が上がる事を期待して。
2011年9月4日より:オリンパス E-510を購入しました。2代目のE-100RSも故障したため購入しました。今後マウントアダプターを付けてニコンのレンズでどのような映りをするか試してみる予定です。
2012年5月13日より:デジスコをまた始めました。デジタルカメラはソニー Cyber-shot DSC‐WX1。フィールドスコープはジオマUED52-Sです。ミニスコープのデジタン V6も同時に購入してマクロに使用予定です。
2016年4月2日より:ニコン D800を購入しました。フルCCDカメラになります。

1.デジタルカメラ本体の評価
品名 長所 短所 備考
富士フィルム FinePix A210 発色が良い 各種設定の変更ができない 売却
ニコン COOLPIX5700 ズーム比が高い オートホワイトバランスの適中率が悪い 売却
オリンパス E-100RS 名機。ズーム比が高い。手ぶれ補正。 150万画素と画素数低い 1台目故障、2台目故障
キャノン PowerShot G3 きれい 空が茶色になってしまうことがあり 売却
ニコン COOLPIX8800 高画素 階調性に不満 売却
ニコン COOLPIX5000 広角ワイコンを付けると17mmになり、しかも美しい。 補色フィルター使用のため、薄ら寒い画像になりやすい。 ほとんど出番無し
ニコン D70 デジ一眼で、コストパフォーマンス高い。朝日や夕日にはニコンが良いと思うため。 美しい画像が得にくい。画質はオリンパス E-100RSの方が良い。 売却
富士フィルム FinePix S1PRO デジ一眼で、ニコンより写りが綺麗。 CCDに埃が付きやすい。 売却
CANON PowerShot A540 きれい、超軽量(180g) CCDが小さいため、解像感に欠ける 主に鳥の撮影用に買ったが、鳥を撮るには順光が望ましいのですが、液晶が見にくく、COOLPIX5000の方がピントをとりすかったので売却
富士フィルム FinePix S2PRO S1PROは1点フォーカスに比べ4点。S1PROに比べ液晶が見やすい。 S1PROに比べフォーカスが見にくい。 売却
ニコン D300 CCDクリーニング機能がついているため、ホコリによる画質の悪化が少ない。リバースアダプターを使うのに露出優先で撮れるので条件を色々変えての撮影の必要は無くなる 色にインパクトが無い 売却
オリンパス  E-510 CCDクリーニング機能がついているため、ホコリによる画質の悪化が少ない。軽量。手ぶれ補正可能。 フォーカスが甘い 現役
ソニー Cyber-shot DSC‐WX1 24mm広角時F2.4と明るい。裏面照射型構造を採用したCMOSセンサーは従来の表面照射型CMOSセンサーに比べ感度および低ノイズを実現したとある。手ぶれ補正可能。149gと軽量。 低ノイズを実現したとあるがノイズが気になる。 現役
ニコンD800 ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ。 高い解像度。繊細な質感描写。 重い。1Kg。 現役


2.一眼用レンズの評価
品名 長所 短所 備考
シグマ 24-70mm F2.8 EX DG DF EDレンズ使用のため解像度が高く思える。明るいレンズのため明暗がはっきりするように思う。 シグマのレンズは画質で繊細さに欠けるように思う 売却
シグマ APO DG AF70-300mm EDレンズ使用のため解像度が高く思える。90cmでマクロが使えるのが便利。 シグマのレンズは画質で繊細さに欠けるように思う 現役
ニコン AF 28-80mm 軽量 軽量のため画質が落ちる。 ほとんど出番無し
ニコン AF 35〜135mm F3.5-4.5 テレ側であまりF値が変化しない 重い。レンズが多いたか暗い画像が出来やすい。 ほとんど出番無し
ニコン AF Nikkor 35-70mm F2.8D 明るい標準レンズ 重い。EDレンズでないためシャープさに欠ける。 現役
TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR LD DiU 明るいAPS-C専用のレンズ 特に無し。 売却
ニコン AF Nikkor ED300mmF4S シグマ APO DG AF70-300mmに比べ描写に信頼性がある。 重い。 現役
TAMRON SP AF28-75mmF2.8MACRO XR Di 明るい標準レンズ TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR LD DiU の方がAPS-Cでは良い写り。 現役
Olympus ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 軽量標準ズームレンズ 暗い。 現役
Olympus ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm 1:4-5.6 軽量望遠ズームレンズ 暗い。 現役
TAMRON SP AF 90mm 2.8 Di MACRO マクロレンズでは描写が良い 特になし 現役
Olympus ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro マクロレンズでは軽量 特になし 現役
Olympus ZUIKO DIGITAL 14-45mm F3.5-5.6 標準ズームレンズ 暗い。 現役
Nikon AF NIKKOR 80-200mm F2.8 D ED NEW 明るい。望遠ズームレンズ 重い 現役
Nikon AF NIKKOR 20-35mm F2.8 D 明るい。広角ズームレンズ 少し解像度が低い 現役
TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD 軽量10倍ズームレンズ 軽量のため画質が落ちる。 現役


3.コンバータの評価
品名 長所 短所 備考
ニコンの1.5倍のテレコンバーター(TC-E15ED) EDレンズ使用のため解像度が高く思える 口径が狭いため暗いと極端に画質が落ちる。 売却
オリンパスの1.7倍のテレコンバーター(B−300) 一眼レフ用高級テレコンバーター 手持ちのレンズとデジ一眼では画質悪かった。 ほとんど出番無し
オリンパスのテレコンバージョンレンズ TCON-14 軽量1.45倍テレコンバーター 口径が狭いため暗いと極端に画質が落ちる。 ほとんど出番無し
ケンコー テレプラス PRO300 1.4倍と2倍がある。カメラ側に付けるタイプ。軽量。 画質が落ちる。 現役
ニコン ワイコン WC−E68 ニコン COOLPIX5000にこの広角ワイコンを付けると17mmになり、しかも美しい。 特に無し ほとんど出番無し
オリンパスのマクロコンバージョンレンズ MCON-40 オリンパスのクローズアップレンズ。小さな花が近くできれいに撮れる。 特に無し 花には常用


4.三脚の評価
品名 長所 短所 備考
ベルボンCX440  軽量 固定がゆるい 現役
マンフロット三脚 714B コンパクト 固定がゆるい 現役
ケンコー ST-3 軽量・コンパクト 低いのでかがまなければならない 旅行用
スリック SL-95DDQB 軽量のため、初期はこれを用いた 低いので少しかがまなければならない 故障
アルミ4段三脚/W312 水準器付 安定悪すぎ ほとんど出番無し
ベルボン シェルパ443 ビデオ用三脚用雲台ベルボンFHD-41Qがあるため、なめらか。 現役
Kenko TRAVEL TRIPOD Outing N522 持ち運びに便利な、トラベル仕様の三脚 旅行用


5.フィールドスコープの評価
品名 長所 短所 備考
KOWA TSN-602 軽量 EDレンズでないためシャープさに欠ける。 売却
KOWA TSN-663 EDレンズ使用のため解像度が高く思える。 傾斜型のため少し使い勝手が悪い。 売却
ジオマUED52-S EDレンズ使用のため解像度が高く思える。 小型軽量のため写りが気になる。 売却
デジタン V6 超軽量ミニスコープ。約25cmからピントを合わすことが出来るためマクロに利用できる。 超軽量のため写りが気になる。 売却

作成日 2016/10/30

  • 大和川の朝のホームページへ戻る